袋の役割は大切

リボンの付いた箱

あらゆる分野に対応しております!立て看板のご注文ならこちらへ。コストや納期のお悩みも解決できます。お気軽にご相談下さい。

人々の生活の身近な存在になっているものの一つにポリ袋があります。 ポリ袋はポリ塩化ビニールを原料として作られた袋のことを一般的に指します。 多くの企業でポリ袋は生産され、一般市場に出回っているのです。 ポリ袋が一般庶民の間に大量に出回るようになってきた背景には、高度成長期におけるスーパーの発達に関連があります。 それまで小売主義のお店が一般的でしたが、全国的にスーパーが広がり始め、食品をポリ袋に入れて、陳列棚に並べ、商品として販売することができました。 惣菜パンなどがスーパーで陳列出来るようになったのは、ポリ袋の普及と大きな関連性があります。 また透明なポリ袋は食品を入れるだけではなく、買い物をした後の商品を入れるレジ袋として顧客に無料で提供されるサービスも始まりました。

ポリ袋は透明なものは、食品などを販売するために使用されてきました。 その他にも、スーパーで商品を販売し、販売された商品を入れるためのレジ袋として、ポリ袋は顧客へ提供されていきましたが、エコの観念からレジ袋は有料化へなってきました。 これまで無料で提供されていたレジ袋には、スーパーの名前や宣伝文句などが記載されてきましたが、実はこの印刷されるインクについても、環境に悪いことが最近になってわかってきました。 インクにカドミウムなどの有害成分が含まれているのです。 最近では、燃やしても害のない有機顔料でインクを使う環境に配慮したスーパーや企業などが増えてきています。 これまで無償であったレジ袋が有料化されたことによって、人々がより環境面や資源の節約に配慮するようになってくることでしょう。

オススメリンク